スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画の話「デビルこぁEDテーマ」

たまには動画の話を。
ということで、本編は「号外」などである程度裏話を語ってるわけですが、
そういう機会のない単発動画について書いてみようかと思います。

そんなわけで、第一回は10/9に投稿した
【東方GTA】デビルこぁEDムービー「今日もどこかでデビルこぁ」
について。
本編はこちら。


まず、作ったきっかけですが。
私がこの手のネタ動画を作る、一番多い動機は
「(取材紀行)本編が進まないので、気分転換に」であり、
今回もそんな感じです。
アイディア自体は、第2回ニコ童祭に何かPV系も一本出そうかな、
なんて思ってメモっといた案の一つの再利用。

東方GTAでストーリー、PV動画を作るときの基本思考は、大抵の場合
「どの程度まで再現できるか?」ということからの逆算になるわけですが、
このネタの場合、シーン的な構成は、基本的にはバイクで走ってるか、
座って考え込んでるだけのシーンしかない上、背景もSA内でまかなえるものばかりなので、
ハードルはほぼ「デビルマン/不動明役をどうするか」という一点のみで、
手軽に作れそうなので採用しました。
なお動画作成に関して実際かかった時間は、約4時間ぐらい。
しかし、小悪魔MOD(デビルこぁ含む)作成に6時間ほどを要してるので、
トータルでいうと10時間そこらと、意外にガチな時間がかかってたり。

というわけで、まず撮影段階でのこぼれ話をいくつかすると、
シーン的に面倒だったのは冒頭のカメラスライド→回転してズーム、ぐらいで、
これは元ネタとマッチさせようとするとかなりの手間を要しそうだったため、
割と大雑把に「だいたいそれっぽく合ってれば良し」で妥協してますが、
撮影の仕方としては「小悪魔のズーム」から録画をスタートして、
回転しながらカメラを遠ざけ、その後スライド、という形で撮影したファイルを、
編集段階で逆再生することであのシーンを作っています。
それ以外のシーンは特に技術的にこった事は殆どやっておらず、
特にバイクなどのシーンは「東方姫一華」の作者、ふつうのげーまーさんが作った
撮影補助ツールに頼りっきりです。

強いてもう一つ挙げれば、後半、パチュリーと並んだ小悪魔が、
カメラスライド後にフェードでデビルこぁに変わる・・・というシーンは、
同様の技法を、取材紀行二十五回(裏)の藍登場シーンなどでも使ってますが、
こういう表現を撮るには、ちょっと工夫が必要だったりします。
が、それは解説すると多少図解が必要になるのでまた別の機会にするとして。

あと技法以外の解説として、ちょっとした小ネタの話をすると、
元ネタは「夕日をバックに、夕暮れ」のシーンが多く、
動画のほうでもそんな感じのシーンで撮っていますが、
実は、アレはGTASAの「月」で、しかも時刻は「明け方」だったりします。
これは、GTASAの夕日の見え方・空の色は元ネタのほうと噛みあわない為で、
見た目に元ネタに近い条件を模索したら、明け方の月だったという・・・
でも今にして思えば、ツール使って空の色いじればよかったなぁ、なんて。

と、動画のほうの話はそんなところにして。
次に小悪魔MODの話。

あの小悪魔MODは、動画作るために新造したものですが、
なぜわざわざ新たに作ったか、とかその辺の話をすると、
企画段階では、配役は別に小悪魔に限定してたわけではなく、
デビルマン/不動明役はアリス/ロリスとか、紫/メリーとか、
複数考えてた中の一つが「小悪魔/こぁ」だったのですが、
リストを眺めててふと「小悪魔→デビルマンカラーの小悪魔」
という組み合わせの方がネタ度が高いのでは?と思いつき。
ついでに、
 
頭身が高めのMODの方が見栄えがするなぁ
 ↓
慧音にここぁのパーツくっつけると、
手軽に頭身高めの小悪魔に見えるんじゃ?
 ↓
実際に、やってみた

という感じで、即席で小悪魔MODの雛形を作成。
思ったよりもかなりそれっぽくなったので、細かい微調整を施して
小悪魔MODのプロトタイプを作成し、
その上で、最初はそれを単にデビルマンカラーに染めたのですが、
意見を求めて某M氏に見せたところ

「どっちかと言うとナメック星人に見える」

といわれてしまい。
しかも、私自身「なるほど、確かに」と思ってしまったので、没。
やはり、色だけでなくデザインも変えるべき、と思い直し、
かといって元のデビルマンはパンツ一丁なのでさすがにそのままは使えず、
少し考えた後

女悪魔と言えばボディスーツだろ!(昭和の発想)

という結論に至ったので、にとりMOD(ハイヌさん作)の首から下を拝借し、
小悪魔MODとニコイチでくっつけて、デビルこぁMODが誕生しました。
なおこちらは、もう完全に撮影用と割り切って急造で作ったため、

・首と体のサイズバランス調整が適当で、
 真正面から全身を見ると、頭がやや不自然に大きい

・ウェイトが適当なので、歩いたりしゃがんだりすると
 腰周りの形状が怖い事に

・テクスチャの統合を行ってないためTXDがムダに重い。
 テクスチャ自体も割と適当なので、特に手足などはあまり拡大できない

などの欠点があったりするのですが、
動画では、その辺カメラワークでごまかしています。


…と言ったあたりで裏話は終わりなので、最後にちょっとしたおまけ。
一発ネタ動画には極力時間をかけないという自分ルールに則り、
デビルこぁMOD完成と同時に撮影に入って、動画を完成させたわけですが。

完成後に思ったことが

「やっぱ、羽が違和感ある」

ということで、作ってみた「真・デビルこぁ」モデル。

dkoa.png

公開配布の予定は今のところございませんが、
そのうちデビルマンOPパロを作る事があったら使うかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセスカウンタ
プロフィール

basilico

Author:basilico
GTASA用のMODとか動画とか作ってます。動画はリンクの「ニコニコ動画プロフィールページ」より。配布物の利用に関する話は記事「利用規約」参照。
配布中のMODの一覧はカテゴリ「MODカタログ」参照。

質問、要望等ありましたら、最新の記事とか関連記事のコメント欄に適当にどうぞ。公開MODの不具合修正要望も同じく。あとMMD等にコンバしたい、などでMQOファイルが欲しい場合は、リクエストしてくれれば公開します。
なお、リクエストは必ず「公開コメント」で行って下さい。マルチポスト防止のため、非公開コメントによるリクエストは原則として受け付けていません。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。